セサミン探しガイド

「セサミンの副作用」

セサミンはゴマに含まれる成分で、もちろん天然由来のものですので、薬には「副作用」 という言葉が使われますが、セサミンは薬ではありませんので、副作用という言葉は 適切ではありませんね。

しかし、他に言葉が見つからないので、副作用という言葉を使わせていただきますが、 セサミンは今まで副作用が起きたという報告はありません。

市販されているセサミンのサプリメントの場合も、ゴマから抽出している天然成分です。

例えばですが、1日の摂取量を少し超えたくらいでも副作用が起こることはないと 考えられています。

もちろん、1度に大量のセサミンを摂取しても、すぐに効果が実感できるわけでは ありません。
それより、毎日継続して摂ることが良い結果が得られますので、 一度に大量のセサミンを摂るということは無意味ですね。

ビタミンやミネラルなどは大量に摂取すると副作用が起こるものもあります。

例えば、レバーや野菜に含まれるビタミンAを過剰摂取すると、吐き気や嘔吐、頭痛 などが起こります。

ビタミンAだけでなく、普段は全く何の害もないバナナでも、少し体調が悪いときに バナナなど、かゆみ成分が入っている食べ物を食べると一時的にですが蕁麻疹が 出たりしますので、どんな食べ物でも体に合わなければ反応がでます。

セサミンと相性がよく、お互いの効果を高める栄養素に、ビタミンEがあります。

ビタミンEは過剰摂取しても、ほとんど副作用はなく、ごくまれに止血しにくく なることがあります。
ビタミンEには血液をさらさらにする効果がありますから。

唯一、セサミンで副作用ではありませんが、心配な点は、セサミンを直接サプリメント などからとる場合はいいのですが、ゴマでセサミンを摂取する場合は、ゴマは ゴマ油などの油がとれるほどですので、カロリーが高めです。

セサミンを体内にいっぱい取り込みたいからとゴマを食べ過ぎるとカロリーの 摂りすぎになりますので、注意してくださいね。

おまけに、ゴマからセサミンを摂る場合、すりつぶさずにそのまま食べると 消化吸収されにくいので、そのまま排出されて、何の効果もなく外に出て しまいます。
ゴマからセサミンを摂取する場合は、すりつぶして使ってくださいね。

セサミンの副作用は本当に報告がなく、気になるところと言えばこれくらいなのです。

ただ、どんなものでも食べすぎ、摂りすぎは害になりますので、サプリメントであれば 規定の量を守りましょう。

薬ではありませんので、規定量がない場合は、セサミンは1日の摂取量は10mgと 言われていますので、それを目安に摂取するようにしましょう。