セサミン探しガイド

「セサミンとビタミンEで相乗効果」

セサミンは単独でも、その効果はとても大きなものですが、ある栄養素と一緒に 摂取することで、もっと大きな効果を生み出すことができます。

それは、ビタミンEです。

ゴマに含まれるセサミンが体内に取り込まれると、肝臓に到達した時点で、抗酸化作用が 発揮されるようになります。
ということは、逆にセサミンは肝臓まで行きつかないと 抗酸化作用を発揮することができないのです。

ゴマに含まれるビタミンEの成分のことをセサミンと勘違いする人がいますが、 これは、全くの別物なのです。

もちろん、ビタミンEにも抗酸化作用がありますが、セサミンとは比べ物に なりません。
セサミンほどの効力はビタミンEにはありません。

しかし、ビタミンEだけでなくセサミンとの相乗効果で、ビタミンEの働きが パワーアップします。

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一つとされています。

ビタミンEはセサミンと同じ抗酸化作用を持つことから、「若返りのビタミン」とも 呼ばれています。

ですので、生活習慣病や体の老化を予防・改善するのに、とても役立つ栄養素です。

ビタミンEのような脂溶性ビタミンには、免疫力の機能や自律神経機能低下を予防する 効果があります。

お肌の健康が気になる女性には、ゴマの持つセサミンとビタミンEのパワーは、とても うれしい効果がたくさんあります。

お肌のシワ・しみの予防、改善、更年期障害や冷え性の改善など、女性には必要な 効果があります。

最近では、男性に多いと言われる生殖機能の異常を正常な状態に近づける働きもある ことがわかりました。

最近精力がおちてしまったという男性にも、有効な成分ですね。

そして、ビタミンEとセサミンには、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きが あり、これによって血液がサラサラになり動脈硬化を防ぐ効果があります。

セサミンは肝臓の活性酸素を胎児して、酸化を防ぐのがメインの仕事です。

そして、ビタミンえは血管の酸化を防ぐのがメインの仕事になります。

ですので、この2つの成分の相乗効果で、とても良い結果が得られることが多いのです。

ビタミンEは、女性も男性も両方のホルモン生成に関わっていますので、 女性の場合、不妊の女性がビタミンEを取ると妊娠率が良くなったり、男性の場合は 先ほども少しお話しましたが、精力減退の予防にもなります。

そして、セサミンにも女性ホルモンのエストロゲンと同じような効果がありますので、 女性ホルモンの減少が大きい更年期にセサミンを補給すると体調を改善できます。

若い女性の場合でも過労や無理なダイエットからのストレスで女性ホルモンが一時的に 減少することもあるので、セサミンは老若男女、全ての男女に必要な栄養素の一つ ではないでしょうか。