セサミン探しガイド

「セサミンと肝臓」

セサミンの効果の中に肝機能を高める働きがあることはご存知でしょうか。

日本では昔からお酒を飲む前に練りゴマを食べると悪酔いしない、酒の肴にゴマ料理を 食べると2日酔いにならないなど、お酒との相性が良い成分であると言われてきました。

実験用のラットを使った動物実験でも、セサミンの入った餌を食べ続けたラットは セサミンが入っていない餌を食べ続けたラットよりも血中アルコール濃度が上がりにくく、 血中アルコールが消えるのも早いという結果が出ました。

これは、セサミン摂取によって肝臓でアルコールが分解される機能を高めたことを示し ており、さらにお酒の弱い成人男性を対象に行なった臨床実験では1週間の間、1日に 100mgのセサミンを摂り続けた人たちの方がセサミンを摂取していない人たちよりも 酔いが早く醒めるという結果も出ているそうです。

お酒に弱い人はアルコールを摂取することで心拍数が上がりやすいという傾向が ありますが、セサミンを摂取することで心拍数の変動が抑えられるということも わかりました。

ということは、ゴマを摂取すると悪酔いや2日酔いをしにくいという昔からの言い伝えが 化学的に明らかにされたということになります。

健康診断で行なわれる血液検査でGOTやGPTという数値が表示されていますが、これは 肝臓の細胞に含まれている酵素のことなのです。

私もGOTやGPTという数値を見たことはありますが、一体肝臓の何なのかは 知りませんでした。

酵素のことだったんですね。
少し意外でした。

肝臓に何かの原因で負担がかかり、肝細胞が破壊されてしまうとGOTやGPTの数値が 高くなるそうです。

セサミンを摂取することで、このGOTとGPTの数値を抑えることから、肝機能を改善 する効果もありことがわかりました。

肝臓は一度壊れると戻らないと言われています。

しかし、肝臓は人体の中では解毒作用のある臓器で、とても重要な臓器です。

その肝臓を守るためには、セサミンは必要不可欠なものなのですね。

ほかにも、肝臓に良いと言われている食べ物が「かぼちゃ」なのですが、かぼちゃと セサミンを一緒に摂る事で相乗効果が認められるかもしれませんね。

肝臓は壊すと、戻らないとも言われていますが、肝臓移植などで半分になった肝臓でも 元気に働くことができる強い臓器でもあります。

肝臓がないと解毒ができなくなるので、強くできているのかもしれませんね。

しかし、壊してしまっては意味がありませんので、肝臓を守るためにも、 セサミンを摂取することをお勧めいたします。