セサミン探しガイド

「セサミンとストレス」

現代社会では当たり前になってしまったストレス。

私たちは様々なストレスを受けています。
仕事や家事、育児、人間関係ではもちろん ですが、それは昔もあったことで、現代的なストレスで言うと自動車の排気ガスによる 大気汚染、紫外線や放射線、食品添加物や残留農薬、喫煙、過度の飲酒、OA機器からの 電磁波、それに加えての職場や育児での過労や精神的ストレスなど、抱えきれない ほどのストレスのなかで生きています。

このため、多くの人が血管系に関わるストレスのために循環器疾患のリスクを近年 一層高めています。

高血圧や糖尿病に限らず、その他の生活習慣病やアルツハイマー病などにもストレスが 深く関与しているとされています。

人体は血管とともに老いるとも言われています。

日本人の三大死因と言われる、ガン、心疾患、脳卒中のいずれにも、その病気の 原因として強いストレスが挙げられます。

あと、暴飲暴食で肝臓が弱ると肝機能の低下で疲れやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病など、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

「肝心」という言葉が示すように、心臓と同じくらい肝心な機能が肝臓なのです。

この大切な臓器の肝臓に最も効果があるのが、ゴマに含まれるセサミンです。

ゴマは不老長寿の秘薬や食べる丸薬など言われ、ゴマや松の実は仙人の食べ物とも 言われています。

どちらも血管を若返らせて循環器系の健康を保つ効果があります。

最近、ゴマの体内でのはたらきが化学的に次々と明らかになってきているようで、 ゴマの中に含まれている成分のうち、特徴的なものは脂溶性抗酸化成分のリグナン 化合物であり、セサミンはその一種です。

ゴマの中に0.1~1%ほど含まれ、抗酸化、ビタミンEの保護、コレステロールの 吸収抑制、肝過酸化脂質生成抑制、抗高血圧、ガン抑制などの効果が認められています。

高血圧や高コレステロールなどを防ぎ、循環器関連疾患の予防や進行抑制に良い効果が あるそうです。

セサミンには自律神経を調整し血管弾性を改善する作用もあり、更年期障害にも良いという ことが研究の結果明らかになっています。

これは、セサミンの持つ、とても強い抗酸化作用がこれらの疾患に関わる活性酸素を 押さえ込んでくれているからなのです。

現代のストレス社会では、ゴマ、そしてゴマの持つ成分のセサミンは是非とも摂取したい 成分の一つだと言えるのではないでしょうか。

ご長寿の方はストレスをうまく逃がす方法を知っている方が多いようです。

やはりストレスは病気の天敵なのでしょうね。

現代社会を生きているみなさんにはプロポリスもおすすめです。
ストレスを抱えてしまっていると心身共に疲れ果ててしまいます。
そのようなことにならないためにも精神安定作用のあるプロポリスを摂っていただきたいです。